ボディピアスをつけてより魅力的に

ボディピアスの素材について

ボディピアスの素材

ボディピアスとは、耳や口、舌などのつけるピアスのことをいいます。
ボディピアスに使われる素材は基本的に、安全性の高い材質でアレルギーの起きにくいものが使われていることが一般的です。
サージカルステンレスは高い耐食性と生体適合性のある特殊なステンレスで、医療用インプラントにも使用されています。ステンレス鋼はクロム・ニッケルの合金で錆びにくいのが特徴になります。耐食性に優れており金属アレルギーになりにくい材質です。サージカルチタンは医療用にも使われており、着色することができますが体に有害な影響は無い素材です。シリコンはサウナやスキー場などの温度変化の激しい場所でも使うことのできる材質で、金属アレルギーの心配なく使えるものです。
さまざまな素材がありますが、100%アレルギーが起こらないわけではなく、皮膚疾患などの不調が出てきてしまう可能性もあります。
症状が出てしまった場合にはすぐに使用を中止して、医師に相談することが大切です。

金属アレルギーの人はボディピアスを付けられない?

ボディピアスはとってもおしゃれですが、このアクセサリーは基本的に金属製で出来ています。
そうした金属のアクセサリーの場合で気になるのが、金属アレルギーの反応が出る人は、ピアスを付けられるのかどうかという点になります。
一般的なボディピアスでしたら、金属アレルギーの方には、かゆみや肌荒れ、重い人では膿が出てくるといったアレルギー反応が起きてしまう事があります。
ですが、ボディピアスを付けたいがあまりに、金属アレルギーの症状が発症しても、そのまま無理に付ける人もいますが、そうやって無理に付けてしまった場合、アレルギーの症状は収まりませんし、最悪肌荒れの跡が残ってしまう場合もあります。
最近は、シルバー製のピアスや、セラミック製のピアスがあります。こうしたピアスでしたら、金属アレルギーの人でも、無理なく付ける事が出来ます。
ですので、アレルギー反応が出てしまう方は、自分の体に負担をかけない、シルバー製やセラミック製のボディピアスを付けられるのがおすすめです。

pickup

日本橋の風俗に通う
http://www.g-kiss.net/

2016/11/10 更新


Copyright (C) 2015 DECO PIERCE All Rights Reserved.